COSMOS FOODS COMPANY

商品情報
お客様の豊かな食卓の実現に役立てていただける「ものづくり」に、日々取り組んでいます。

いつでもどこでも自然のおいしさを
手軽に、安心して食べられる生活のために。

過去から続く伝統やあるがままの自然を、現代の最新テクノロジーであるフリーズドライ技術で、未来へと届けたい。
すべては、いつでもどこでも自然のおいしさを、手軽に安心して食べられる生活のために。安心・安全はもちろん、「おいしさ」の本質を見つめる地道な姿勢と、技術力をアップデートさせていく革新的な努力を続けていきます。

情熱をカタチにしたブランド“NATURE FUTURE”

自然のあるがままのおいしさを未来に届ける―『NATURE FUTURE』は、そんな私たちの使命を乗せたオリジナルブランドです。

オリジナル商品にかける想い

商品開発グループ 中田 亨

ひと手間があるからおいしい、そんなお料理をお届けしたい

私が所属している商品開発グループは、新商品の開発・設計・研究を行う部署です。「商品」という会社の「顔」を作り上げる責任の重さと大きさに毎日緊張の連続ですが、それだけにやり遂げたときの達成感と充実感は非常に大きいものがあります。
商品を開発する際に常に意識しているのは、(1)安心・安全なものづくり、(2)お客様に本当にご満足いただけるものづくり、(3)素材本来のおいしさを追求したものづくりの3つ。
食生活が多様化する中で、お客様とのコミュニケーションを深め、お客様のご希望以上の商品をご提案することを日々の目標として取り組んでいます。化学調味料を使わない、素材本来の味を引き出す調理法や天然だしの使い方などの勉強会も定期的に実施し、食品知識の向上にも努めています。
しかし、実際には商品開発という仕事は失敗の連続。そのたびに悩んだり、考えこんだりします。でもその中で掴んだものが、自分たちの血や肉となり、よりよい商品づくりの一歩になると信じています。自分たちの作るものがお客さまの豊かな食卓の実現に役立ち、未来の子どもたちに安心・安全な「食」を伝えることを大きな目標として、これからも商品づくりをしてまいります。

商品へのこだわり

たとえば、たまねぎの原料ひとつにしても、玉ねぎ農家を定期的に訪問し、自分たちの目で安全性を確認しています。

時には、営業みずからわかめ生産者のもとに行き船に乗り込み、わかめの種付けを経験したりしています。

調理方法も、たとえば なすを1本1本 炭火で手焼きしたりとひと手間かけています。

自社商品ラインナップ

大地のやさしさがカラダに溶け込む、有機野菜ぎっしり、とろ炊きスープ

有機野菜のポテトが濃いポタージュ

有機野菜のコーンが濃いポタージュ

有機野菜のトマトが濃いポタージュ

有機野菜のえだ豆が濃いポタージュ

Nature Future 厳選スープ

調理にじっくり手間ひまかけて…地素材の旨み、そのままに凝縮。

Nature Future 海苔スープ

Nature Future 生姜スープ

Nature Future ミネストローネ

Nature Future たまごスープ

Nature Future わかめスープ

Nature Future オニオンスープ

うんと健康シリーズ

おいしく食べて、「うーんと」健康に。

あわたまオニオンスープ
(5食入りボックス)

しあわせいっぱいシリーズ

ニコニコ製法で「新食感」。瞬間凍結乾燥で「旬感鮮度」。

ふんわりたまごの
おみそ汁

海峡で育った
わかめのおみそ汁

炭火かほる
焼きなすのおみそ汁

ねばねば野菜の
おみそ汁

じゅわ~っと揚げた
なすのおみそ汁

関西の母の味
かす汁

ごぼうがいっぱい入った
豚汁

日本の採れたてきのこの
おみそ汁

ごま香る緑黄野菜のおみそ汁

海藻がいっぱい入った
丸ごと梅のお吸い物

桜えび舞う丸ごと
わさびのお吸い物

<アイコンの解説>

コスモス食品のオリジナルブランド。お湯をかけるだけの手軽さで、新鮮な素材の味や香り、栄養までもがそのまま安心して楽しめます。
化学調味料無添加。
有機JAS認定の厳しい基準をクリアした本物のオーガニック商品。原料となる野菜は畑づくりから肥料、栽培方法に至るまで、徹底した管理と検証を重ねた自営農場で作られています。

コスモス食品は何より“鮮度”にこだわって、保存技術を追求しています。

商品製造~出荷、ご自宅まで。ずっとKEEP FRESH!

商品そのものだけでなく、出荷・配送や店頭での陳列、各家庭での保存状況まで、あらゆる場面を想定した理想的な包材を研究・開発。医療分野の薬品梱包用フィルムにヒントを得て、アルミに匹敵する性能を持ち、劣化しにくく、酸素や水蒸気をシャットアウトするオリジナル・パッケージを完成させました。しかしこれは“ゴール”ではなくむしろ“スタート”。『KEEP FRESH』というスローガンには、いつも初心を忘れず、今よりもっといいものを追求し続ける限りない向上心が込められています。

このページの上部へ